ラティ家の楽しい日記

ソアラ「読者が楽しむためでは無く、作者が楽しむために書く小説です。」
ティオ「作者さえ良ければ何でも良い。…そんな感じの小説だ。」
ティア「禁止ネタの制限なんてかけらもありません。ラティ家の一日より自由度満点ですので、読んでから気分を害されても文句は言わないで下さいね?」

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ