短編小説

ティオ「イッシーの書く小説の第四弾、短編小説を書いて行く本だ。」
ティア「短い小説が複数存在しますので、テーマは固定しません。その日の気分で書いて行きます♪」
ソアラ「今回から、ラティアスは『ティア』、ラティオスは『ティオ』と表記しますです♪」

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ