西高東低

「鳴らなくなっちまったんだ…」


天に向かって

くゆらせた紫煙

煙をスクリーンにして

思い出は映し出される



男が優しかったのは

全てを諦めていたからなのか

女が翼になろうとしたのは

幼い日々の思い出のためか



蒼い空 そよぐ風

明るく飛びかう

燕よそれを見て

お前は何思う


もしも翼が あったならば

楽しい牧場へ 帰れるものを


ドナドナドナドナ

悲しみたたえ

ドナドナドナドナ

儚い命





オルゴールに託された

それぞれの家族の想いとは



「鳴らないんだよ、もう…」

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ