メイン小説

□ヴァンツの物語
1ページ/44ページ


…戦いを恐れたことはない。



例え相手が凶暴な飛竜や、あるいは人間であろうとも。



死を恐れたこともない。



例えそれが明日、あるいは今日限りの命であろうとも。



…唯一、俺が恐れたこと。


それは、俺が俺で無くなること…。



かけがえのない仲間を失うこと…。











繁殖期・温暖期・寒冷期、そして昼夜問わず、多くの人で賑わう街…ドンドルマ。


その中央に位置する大老殿の地下…そこにはギルドを守護する戦闘のエキスパート集団、ギルドナイトと呼ばれる組織の施設がある。



ギルドナイトの中でも、特に優れた実力を持つエリート集団:12ナイツ(トゥウェルヴナイツ)という栄誉を授かれるのはたったの12人。



その条件は、心・技・体のいずれかに特に秀でている者であり、モンスター・対人戦共に優れた実績が無ければいけないというものだ。



現在、12ナイツとして任命されているの者は9人しかいない。



…だが数年前までは12人いた。



この俺も含めて。




あの日…あの惨劇の日々、俺は俺で無くなった。



……2人の12ナイツが死に、1人は除隊処分になったあの惨劇の日々は、後に「ザ・マッサカー(殺戮の日々)」と呼ばれ、今でも話題になることがある。




その話題のために俺…ヴァンツは…。
あの日除隊処分になった12ナイツのヴァンツ=デュスカルクは…誰からも恐れられ、ろくな宿も見つけられずに今日まで生きてきた。



過去を語るのは好きじゃないが……特別に話してやる。


なぜ俺がこんな様になってしまったのかを…。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ