メイン小説

□第四章『狩人達の鎮魂歌』編
1ページ/30ページ




涙を流す






それは仲間と共に勝利し、喜びを感じた時








涙を流す





それは何かを奪われ、怒りに身を任せた時









涙を流す





それは目の前の死を労る時










涙を流す






それは戦いの後、仲間と飲むうまい酒に感動した時










彼らほど涙脆く、彼らほど涙に無縁な者はいない












彼らにも龍の死を悼む者がいれば、憎み蔑む者もいる







だが後者の彼らは決して見る事ができないものがある







龍の流す涙






彼ら龍もまた何かの為に涙を流す









人も龍も、死の重みは変わらない










さぁ共に唄おうか







狩人達の鎮魂歌を
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ