U∞

□ムスカさんバトン
1ページ/2ページ


ムスカさんバトン

◆ジブリの名作「天空の城ラピュタ」の悪役「ムスカ」さん。彼のセリフに対して,それとなく反応してみましょう。

クラウドとセフィロスで行きます♪



クラ「…ふわぁ〜あ久々によく寝たな」

セフ「おいチョコボ、何故貴様がここ(北の大空洞)にいる?絶望を贈られたいのか!!」

クラ「Σうわなんだお前!?目覚めた瞬間絶望とかやめてくんない!!(最悪の寝覚めだ…)」


01:私の名前は、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ。

セフ「なんだ貴様は、私の寝床を奪う気か!!」

クラ「寝床ってお前これ、新聞紙じゃん」

セフ「黙れ!!意外とあったかいのだ新聞紙は!!」


02:…君のアホ面には、心底ウンザリさせられる。

クラ「ほら新聞紙使ってるからこんなこと言われているぞ」

セフ「違う貴様のことだ、チョコボ面め」

クラ「髪はともかく顔もチョコボ!?」


03:言葉を慎みたまえ。君はラピュタ王の前にいるのだ。

セフ「貴様こそ慎め、私は神となるのだ」

クラ「イカの?」

セフ「違うわ馬鹿


04:君の一族と私の一族は、もともと一つの王家だったのだよ。

セフ「Σ何!?」

クラ「じゃこいつジェノバか!?」

セフ「ふざけるな!!貴様に母さんは渡さない!!」


05:私に協力してほしい。呪文か何かを君は知っているはずだ。

クラ「呪文?ファイアとかか?」

セフ「おいクラウド何なんだこいつは、何故英雄の私が上から目線で見られている」

クラ「お前も十分上から目線だろ」


06:どんな呪文だ!教えろその言葉を!

クラ「Σうわっ、なんでこいつ必死なんだよ!?」

セフ「貴様ァァァ母さんを人質に取るとは何事だーー!!絶望を贈られたいのか!?」


07:素晴らしい!古文書にあった通りだ!

クラ「え!?今呪文らしいこと言ったか?」

セフ「むぅ、まさか"絶望を贈られたいのか"が呪文とは…」

クラ「そんなんが古文書に載ってるこいつの一族ってなんなんだよ


08:これは僅かだが心ばかりのお礼だ。とっておきたまえ(チャリーン)

クラ「って10ギルじゃん」

セフ「よしこの貯金箱に入れておこう」

クラ「Σおまっそれ"10万ギル貯まる貯金箱"!?しかもめっちゃ重いし!!
貯めんなら布団買えよ!!


09:ハッハッハ!見ろ!人がゴミのようだ!

クラ「いや人って…ここトンベリしかいないだろ」

セフ「しかもトンベリをなめているな
トンベリの恐ろしさも知らずに」


10:私と戦うつもりか?

クラ「おいやめとけって、あんな大量のトンベリ無理だって」

セフ「あ、トンベリがこっちに歩き出した」









.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ