Basara

□学園BASARAB
1ページ/10ページ



第三章 『準備期間』





025(成実と)










陽気な空気はまさに五月そのもので、時たまに吹く春の終わりに近い風が心地良く、過ごしやすい気候だ。先程すれ違った小十郎さんなんか「今日は洗濯日和だぜ」と洗濯かごいっぱいの洗濯を掲げながら、顔に似合わない事を言っていた

既に干されている洗濯物が見える縁側を通り、綺麗に掃除された廊下を歩き、やっと目的地の梵の部屋に辿り着く。梵の部屋は玄関から二番目に遠いから行くのは面倒だよなぁ…そう思いながら俺はノックもせず遠慮無く扉を開ける。扉を開けると、梵は宿題をやっているのか、ノートと教科書を広げていた。…性格に似合わず

まぁ、宿題をやっていようがいまいが関係無い。俺は遠慮無く梵に声をかけた



「梵!何で俺には聞かなかったんだよ〜」

「Ha?…What?」

「真田幸村先輩について!小十郎さんには聞いてさ〜、俺には聞いて無いじゃん!」



前にチカに聞いて知った事。梵はあちらこちらに真田先輩の事を聞いていたらしいけど、俺には何の話も来なかった。従兄弟だからか!?知らないとあらかじめ予想していたからか!?とにかく仲間外れは酷いじゃないか!!


すると梵は眉を潜めて「Ah…」と呟き、



「Sorry,sorry.……で、奴について何か知ってたのか?」

「いや、何にも」



俺がそうはっきり言うと、



「……だったら文句言うんじゃねェよ!」



怒られた


俺は仲間外れにされたのが嫌だったのになぁ…。…まぁ、梵に言いたい事は言えたから満足したし(何しに来たんだとか言うなよ!いつも用事なんてこんなもんで来るんだからさ)宿題を邪魔したらまた怒られるだろうと思って戻ろうとしたら、コンコン、とノックの音がした



「政宗様……………お客です」

「ん?どいつだ?」

「…それが……って、テメェ!勝手に入ってくんな!!」



扉向こうから小十郎さんの怒声が聞こえ、俺は気になって扉を開けようとしたら、向こうから思い切り開けられた。俺はその扉に思い切り潰された


はい、お決まりだよ畜生ォ!!





「やぁやぁ、ごきげんよう…独眼竜」

「テメェか……松永」



相変わらずの悠々とした松永の声と梵の嫌そうな声が聞こえた。扉のせいで見えないが、多分梵の顔はそれ相応の顔をしているに違いない

俺は鼻をさすりながら扉を押して隙間をつくり、抜け出した



「What did you come?」

「遊びに来たのだよ…。何だ、この家は客人にお茶も出さないのかね?」

「Appointment無しの人間に出すモンなんて無ェんだよ。Return.」

「政宗様!」



急に小十郎さんが間に入って制したので驚いた。梵も驚いたようで、「?」を浮かべていた



「お忘れですか、政宗様…!」

「おやおや、片倉君の努力は無駄となったか。私は君のクラスが勝ったので、約束通り君に情報を提供しに来たのだがね…」

「……………Oh,そんな話だったな」



梵!忘れるなよ!小十郎さん頭抱えてさりげにため息ついてるじゃん!松永なんかその反応を待ってましたみたいにニンマリ笑ってるし!!


そう、試合後にチカに聞いたんだけど、松永と小十郎さんは春のドッジボール大会で真田先輩についての情報を賭けていた。つまり、梵や小十郎さんのいる2年1組が勝てばその情報を提供する、と

そして梵のいるクラスは窮地にいたものの、松永のクラス…2年3組を倒し優勝することが出来た…という訳。さすが梵!!

…まぁ、最後の真田先輩も凄かったけど



そんな事をすっかり忘れてたっぽい梵は、深くため息をついてから俺に向いた





「時、tea.」





指を三本立て、しっかりと俺をパシった















(成実と政宗と小十郎と久秀)

しかも成実の茶は要らないから、っていう政宗(笑)
こういうオイシイキャラがいいんです

09.10.13
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ