オリジナル

□デートだもん!
1ページ/1ページ

「おなかすいたね?ごはんでも食べにいこうか」

あの人がそう言ってくれた時、
私の頭はあっという間に真っ白になった。

「何が食べたい?」

まるでお兄さんが小さな妹に聞くように
彼は優しく私に尋ねた。


「何でもいい」

耳まで真っ赤になっていくのが自分でもわかる。
・・・どうしよう。
体が一気に熱くなる。
頭はもう真っ白だ。

「ん〜、じゃあ、寿司!寿司嫌い?」

あわてて首をふる。
彼はそんな私を見て少し笑った。
 
「じゃぁ、行こうか」

彼は歩き出した。
私も、あわてて彼についていく。

…しあわせだ。
真っ白の頭でもそれだけは感じ取れた。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ