異端の神






少年陰陽師not夢小説

春、深く夢の輪郭を
ぼかして、行き過ぎて舞い戻る

花びらは仕草を追いかけ、
薄明かりの下で、密やか

飛沫あがる、火花翔る、問いかけた星は
代わる代わる、顔を変えた

咲いて咲いて、月にお願い
穏やかな影に薄化粧
知らず知らず、えいや!と投げた
蕾は行方知れず

咲いて咲いた、風に揺られて
穏やかな坂に薄化粧
下駄鳴らして、口笛合わせ

凛として、はんなりの心



【song:凛として咲くの如く】

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ