CP,all

□俺たちだけの秘密
1ページ/1ページ



週に一度、金曜日の昼休み。
その日だけは友人達と昼食を取った後、1人である場所へと向かう。

あの人がいる保健室へと。





「失礼します」

「おぉ、来たか準太」

「ちわっす、島崎先生」




俺がこの保健室に会いに行っているのは“島崎先生”。
先生とはいっても、普通に勉強を教えている教師ではないのだけど。

今日は珍しく、俺以外に此処を訪れている生徒がいない。
これは俺らにとってかなり都合のいいことだ。





「準太ぁー名前」

「あ、すんません・・・」

「なぁーに赤くなってんだよ(可愛いなぁ)」

「だって“慎吾さん”が焦らすから!!」

「準太」




赤くなった俺の頬に手を添えて、触れるだけのキスをした。
少し触れただけだったけど、慎吾さんのそれは温かかった。





「慎吾さん・・・」

「何?」

「好き・・・です」

「俺も好きだよ・・・」





どうしてそんなことを口走ったのか分からない。
でも、慎吾さんは気にせずに答えてくれた。
俺はそれが凄く嬉しかった。






短い昼休みにこうしている俺達の関係は

勿論・・・・・・





俺たちだけの秘密

(いつバレてしまうのか、正直俺は不安です)(慎吾さんはどうなんですか)







*あとがき*
―――――――
4月10日ということで・・・おめでとう、島準の日!!!
2日前くらいに思いついたので・・・とにかく当日に間に合ってよかったです。
その代りいつもより短めなのですが;しかもなんだこのぐだぐだした感じは・・・
一応、先生×生徒を書いたつもりなのですが、如何でしょうか?ダメっすかね;;
普通にいちゃいちゃさせたかったのにパロに逃げてしまいました。反省・・・・・・
今まで書いた中で多分一番甘いです。甘くしたつもりです!!!
書いてるこっちが恥ずかしくなりました。やっぱり甘いのは難しいです・・・。
→08.04.10

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ