CP,all

□花見より・・・?
1ページ/4ページ




桜の花が散り始めた。
でも・・・・・・まだ花見をやっていない。
忙しい彼らにそんなことをしている暇はないのだが。
今年は無理だろうなと誰もが思った時
ある1人の女が口を開いた。






「明日の練習後、つまり午後・・・みんなで花見しましょ♪」




西浦高校野球部の監督、百枝まりあは笑顔でそう言った。






花見より・・・?





百枝の提案となれば、普通の花見だと思う者はいない。
何かはわからないが、絶対に何かあるはずだ。
気になるけど、本人に直接確かめるのは怖くて誰もできない。
だから当日まで待つしかない・・・・・・











当日。練習が終わり、このあと予定が発表された。





「着替えたらグランドの桜の木の下に移動!」

「「「「「「「「「「はいっ!!」」」」」」」」」」

「千代ちゃんはビンゴ忘れずにね」

「はい!」






どうやら篠岡は今日行われることを知っているようだ。
笑顔で返事をしたが、後ろに黒い何かが見えたのは否めない。
志賀は参加しないらしく、終わってすぐいなくなった。












―さぁ、恐怖(?)の花見の始まりだ。











最初は普通に楽しむことができた。
阿部がカルピスと麦茶をブレンドして水谷に飲ませてたり、
田島と泉が歌ってたり・・・ここまでは本当に良かった。




「このまま何も無きゃいいのにな」

「花井の言うとおりだよ・・・ははっ」





栄口が相槌を打った直後、ついに百枝が動き出した。
始まってしまうのだ・・・ビンゴが。





「はーいみんなぁー!!1枚ずつ取ってね。まだ見ちゃダメだよ」

「監督ーっ!賞品とかあるんですか?」




1人怖いもの知らずな奴がいた。



「田島君、よくぞ聞いてくれました!!」




田島はワクワクしているが、百枝はニヤニヤしている。
それを見た三橋はブルブルと震えだした。





「みんなには1位のあれを目指してビンゴをやってもらいます!」





そう言って百枝が指さした。
なんとそこにあったのは・・・・・・





「「「「「「「「「「で、デジタルカメラ?!」」」」」」」」」」






最近発売されたデジタルカメラだった。
疑った泉が確認しにカメラに近づいた。
だがすぐにみんなのいる方に戻ってきた。






「本物?」

「そんな疑うなら水谷見てくれば?」

「・・・結構です」






そのあと発表された2位と3位は商品券(5000円分)と目覚まし時計だった。
1位のデジカメと他の2つでは・・・明らかに差がありすぎる。



.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ