CP,all

□四月、馬鹿
1ページ/2ページ



春休みになっても、ほぼ毎日練習がある。
今日も練習は夕方まであった。








長かった1日の練習が終わり、全員が部室に向かって歩き出した。
体力なんて殆ど残っていないはずなのに、田島だけはぴんぴんしていた。
その力をわけろ・・・と誰もが思ったであろう。





「ホント田島はすげぇよなー」

「はは、俺もうクタクタなのに」

「フライもとれないくせに?」

「・・・それ今言う?」





沖と水谷の会話に阿部が割って入ってきた。




「いつでも言ってやるよ」

「まぁまぁ」

「うぅっ、沖っていい奴だね」

「ありがとう・・・」

「おーい阿部ぇー!!」





良いタイミングで田島が阿部に声をかけた。
これで、面倒なやりとりが終わる。




「何?」

「泉と栄口が用があるってさ」





普段お目にかかれない組み合わせだ。
阿部は少し不安を抱いて沖と水谷の元を離れた。



呼ばれた方へ行ってみると、例の2人が手招きしてきた。
2人の前には三橋と花井がいた。
田島と西広と巣山は離れたところにいる。



「で、用ってなんだよ」

「まぁまぁ阿部、これから言うからさ」




栄口が阿部をなだめると、泉が口を開いた。





「田島と西広と巣山にはさっき言ったんだけどさ・・・」

「あっ!ふぐぅ・・・」





田島が何か言おうとしていたが、近くにいた西広と巣山がやめさせた。
やめさせたのだが、そうした本人たちは嫌そうにしていた。






「(邪魔すんな田島)あのな、モモカン・・・来月結婚するらしいぞ」

「「「?!」」」






驚かないはずがない。
バイト代を野球部につぎ込んでるあのモモカンが、
来月結婚するだなんてきいたら、野球部なら誰だって驚くだろう。




「え、え?!」





花井はさっきからずっと“え”しか喋っていない。
阿部はフリーズしてるし、三橋は何故か怯えている。



.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ