今月のインタビュー2

□加藤淳先生
1ページ/5ページ

日本人の健康長寿は、
お米と豆を組み合わせた食生活から


地方独立行政法人 北海道立総合研究機構
中央農業試験場農業環境部長
加藤淳先生



 日本の伝統食に欠かせない豆は、世界に誇る日本人の健康長寿に大きく寄与しています。

 しかし、豆の摂取量は年々減っていき、1997年には1日76gだったのが2009年には59gとなり、国が健康作りの指針として定めた「健康日本21」の目標摂取量の100gを大きく割っています。

 しかも、その大半は豆腐、納豆をはじめとする大豆製品や甘く味付けた煮豆などの加工食品です。家庭で調理した豆料理を口にする機会は本当に減っているといわれています。

 そこで加藤先生に、98号では機能性を中心に、99号では効果的な摂取法を中心に2部に分けて、豆全般についてお話をうかがいました。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ