今月のインタビュー2

□加藤淳先生2
1ページ/6ページ

豆の効果的な摂り方
──美味しく食べて豆々しく元気に


地方独立行政法人 北海道立総合研究機構
中央農業試験場農業環境部長
加藤淳先生



 2010年、10月13日は豆名月に由来し、「豆の日」と制定されました。

 旧暦八月十五夜の「芋名月」は、里芋が収穫できる時期に里芋を食べて月を愛でる風習です。旧暦九月十三夜の「豆名月」は、豆が収穫できる時期に豆を食べながら月を愛でる風習です。

 この「豆の日」の制定を記念して、一般消費者に健康的な豆や豆製品の魅力を再認識してもらうために、10月には各地でいろいろな豆のイベントも開催されているとか。

 昨年北海道で開かれたこの記念イベント(北海道・豆トークショー2012(旭川))では、第一部の豆トークショー「家族の元気は豆料理から」では加藤先生が栄養や機能性の面から豆の健康効果についていろいろ話され、第二部の「シェフが語る家庭での豆料理」ではいろいろ魅力的な豆料理の試食と調理講習会が行われ、いずれも大変好評だったそうです。

 豆のもつ優れた健康効果を最大限に引き出し、かつ美味しく摂って、豆々しく元気になりましょう。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ