☆食品と健康★

□食品と健康01「米・3」
1ページ/5ページ

栄養豊富でたべやすい究極のお米

 日本人の主食である米。米のよさはたんぱく質や糖質がバランスよく含まれていることのほか、私たちの生活に必要なビタミン・ミネラルなどの微量栄養素を多種含有していることにあるといわれます。ただ、私たちが普段食べる精製された白米には、こうした栄養素が玄米など未精製の米に比べて格段に少ないことも、よく知られた事実でしょう。

 一方、玄米は炊き方のめんどうや食感が好みにあわない人にとっては、「体にいい」ことは分かっていても積極的に取り入れることをためらう人が多いのも事実です。そんな中、最近大きな注目を集めているのが「発芽玄米」です。読んで字のごとく玄米をわずかに発芽させたものですが、栄養分や生理活性物質群が玄米に比べても格段に消化がよくなり、新たな有効成分が豊富に生じることも分かりました。炊飯の手間・おいしさも白米と変わらず、食感もむしろ良く、まさに一石二鳥。こんな「発芽玄米」のすばらしさを探ってみましょう。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ