☆食品と健康★

□食品と健康02「お茶」
1ページ/7ページ

いいとこづくめの健康飲料・日本茶

 一時はコーヒーに押されて消費が低迷したといわれるお茶も、この数年は健康ブームにも乗ってすっかり定着した感があります。

 お茶が見直されるきっかけとなったのは、何といっても「カテキン効果」といわれるものでしょう。お茶の主成分の1つであるカテキンにすぐれた抗がん力や抗酸化力があることが知れ渡り、若い人の間でもお茶をペットボトルで飲む姿が一般化しています。健康ブームの旗振り役を担った感もある日本茶ですが、その歴史は古く、私たちには以前からなじみの深い飲み物であることも間違いありません。

 お茶がどのように体に良いかとの視点だけではなく、生活習慣の一部としてどのように上手に取り入れていけばよいのか、についても考えてみたいと思います。お茶が好きだという人は多いと思いますが、日本の文化とも分ちがたく結びついたこの身近な飲み物の輪郭を探ってみましょう。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ