今月のインタビュー

□船瀬俊介先生
1ページ/6ページ

「人には低毒性」・「害虫には効果」の“夢の新農薬”として登場した
「ネオニコチノイド」は“悪魔の農薬”だった!!


地球環境問題評論家・ジャーナリスト
船瀬俊介先生



 “人への毒性は低く、有害昆虫には特異的に作用する”というふれ込みで、有機リン系農薬後の次世代農薬スーパーヒーローとして登場した「ネオニコチノイド」。ところがこの新農薬、最近、世界各地で多発している「ミツバチ大量死」の主因と疑われ、フランスなどでは使用禁止になりました。

 長年環境問題に取り組む船瀬俊介さんは、著書『悪魔の新・農薬「ネオニコチノイド」─ミツバチが消えた「沈黙の夏」』(2008年6月・三五館刊)の後書きに次のように書いています。

 地上の植物の約八割はミツバチの受粉によって生存している。ミツバチなど受粉昆虫の死滅は、即、植物たちの死滅を意味する。農作物も例外ではない。
 ネオニコチノイド→蜂群崩壊症候群→植物群の枯死→砂漠化→動植物の絶滅……「沈黙の夏」へと恐怖の連鎖は続く。


 「一刻も早く中止させないと第二のアスベストになりかねない!」という思いで筆を執ったといわれる船瀬さんに、お話を伺いました。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ