今月のインタビュー

□佐藤章夫先生
1ページ/6ページ

乳がん・前立腺がんなど
「ホルモン依存性がん」と、
乳・乳製品


山梨医科大学名誉教授
佐藤章夫先生




 佐藤章夫先生はご自身のホームページで、乳・乳製品はじめ動物性食品摂取の有害性・糖質中心の食事の優位性について、一般の人々に広く開示されています。
 その中で「プラント教授の乳がんとの闘い」・「プラント教授の乳がんとの闘いー実践編」は、乳がんになった女史が主因は乳・乳製品であることを突きとめ、それを断つことで乳がんを克服した衝撃的でかつ示唆に富む内容です。
 日本でも乳がんや前立腺がんが急増する中、佐藤先生にこれら「ホルモン依存性がん」を中心に牛乳の問題点をお聞きしました。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ