今月のインタビュー

□青柳康夫先生
1ページ/6ページ

キノコの多彩な健康効果

女子栄養大学
青柳康夫教授



 味覚の秋、実りの秋、王者はやはりキノコでしょうか。栽培種が一般になり、キノコはいつでも出回るようになりましたが、サンマや栗など他の旬の食材と合せた、秋のキノコ料理はまた格別の味わいです。

 キノコには多彩な食効、薬効があり、食用と共に古くから薬としても用いられてきました。

 女子栄養大学の青柳康夫先生は食品機能学がご専門で、30年近くキノコを研究されています。

 味はともかく、栄養面や健康効果などは自生キノコと栽培種とはそんなには変わらないと青柳先生は笑って話されます。

 それならば、栽培キノコを安価な時に多めに買って保存しておけば利用範囲も広くなるというもの。

 青柳先生に、キノコの成分を中心に、キノコの効用と、うま味が数段アップし、さらに保存性も高まるという摂取法など、いろいろ役に立つお話をしていただきました。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ