インタビュー・アンコール特集

□渡邊昌先生
1ページ/7ページ

2005.1(No.374)
がん・生活習慣病は食生活で防げる!!
〜無精白穀類・大豆・野菜など、植物性食品を中心にした食生活のすすめ〜

東京農業大学応用生物学部栄養科学科(医学博士)
渡邊昌教授




 1981年以降、がんは脳卒中を抜いて日本での死因トップとなり、今では3人に1人はがんで亡くなっています。

 がんは主に生活習慣、中でも食生活が大きな要因で起こり、日本でも食の欧米化につれて大腸がんや乳がん、前立腺がんなど欧米型のがんが急増しています。

 今回は東京農業大学で「環境・食糧・健康」を一体化させた新しい研究(公衆栄養学)に取り組まれている渡邊昌先生に「がんにならない食生活」をお聞きしました。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ