今月のインタビュー2

□南雲吉則先生
1ページ/5ページ

「一汁一菜・腹六分目」プラス
「ゴボウ茶」で確実に若返る!!


ナグモクリニック総院長
南雲吉則先生



 南雲吉則先生は年間約1000件もの手術をこなす間も、本やブログの執筆、取材、テレビ出演、講演と、フル回転の毎日を送られています。今回の取材も、その日の最終手術を終えた直後に始まりました。

 1955年生まれ、55歳といえば立派な「おじさん」。しかし半袖手術着姿で現れた南雲先生はまるで永遠の少年のように若々しく清新でした。

 南雲先生の驚異的な若さは、研究と実践によって編み出された生活習慣で自己を律している賜であり、それが今回のテーマでもあります。

 本誌では、南雲先生が実践され、20歳以上も若返ったアンチエイジングの生活習慣を食≠中心に、「ゴボウ茶」の驚異的なパワーに焦点を当ててお話しいただきました。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ